eyes

eyes.jpg

ギョロギョロ

脳ガール

nogirl1.jpg

ご意見ご感想お待ちしてます

パークパク評価基準

pakupaku.jpg


パークパクをレビューするにあたり、何を評価基準とするか。

以下の項目を充たすごとに★ひとつ捧げたい。


①屋根の有無

これは風雨を凌ぐのに最重要。

②トイレの有無

いざとなれば野糞も辞さない覚悟だが、やはり欲しいものだ。

③給水所

一昼夜を明かすためには何よりも飲み水の確保は必須。

とりあえずこの3点があれば★3つとし、(最高★5つ)あとはプラスアルファで加点していく方針とする。

デスクアートの世界

学生の頃、つまらない教師による退屈な授業があった。

そういった時、密かに机に落書きをした経験は誰しもあるだろう。

たまに傑作が出来、ついつい消すのをためらったこともあった。

また、以前誰かが使っていた机など、落書きや掘削、彫刻といった千差万別の痕跡が見られ、前任者の芸術センスをよく批評したものである。

この度、私はこの暇つぶしの極致を『デスクアート』と名づけ、その世界の深奥を探検しそこで収集した作品群を体系化していくことにする。

52bd4_213_ccccb416e3070d25052c09879dacb502.jpg

『パークパク』の提唱

pakupaku.jpg


私は計画的に行動するのが嫌いだ。

なぜなら、計画を遂行しようとすることで頭がいっぱいになり、余計なことをすることも考えることも出来なくなってしまうからだ(それをさせないために存在するのかもしれない)。

計画の存在意義は目的に向かって、効率よく行動することにある。

それは時間に厳しい現代社会においてとても大事なことかもしれない。しかし、旅先でその理屈を持ち出されると少々違和感を覚えるのは私だけではないだろう。

旅行とは本来、日常生活からの解放、気分転換のためにあると思われる。

そんなときに「○時にどっかに行って~」などと計画を聞かされると興ざめである。ではなぜ旅行に計画が必要なのか。

その原因は旅先での宿にある。旅行に欠かせないのが宿であるが、大抵予約をしなければ泊めてくれない。さらにはチェックイン、アウトも存在する。

時間に追われた日常生活からの解放されるための旅行が「宿」によって時間を意識しなければいけないのだ!

これでは旅行の醍醐味も淡白になると言わざるを得ない!

そこでコペルニクス的発想の大転換によって私は提案したい。

宿に泊まるな、野宿せよ!

ここでやっとタイトルの『パークパク』について説明する。

『パークパク』とは要するにパーク泊、公園泊のことである。

宿に泊まれなければ公園に泊まればいいじゃない。

そう、長々と文章を書いてきたのもこれを言いたいがタメである。

これより、当ブログにおいて、『パークパク』の観念の浸透とともに『パークパク』に適した公園(パーク)を紹介していく。

行かん光地プロジェクト(IKP)はじめます

ikp.jpg


観光地(かんこうち)は、観光旅行つまりツーリズムと呼ばれる保養、遊覧を目的とした旅行または旅行者に対して、歴史・文化・自然景観などの遊覧資産が適宜整備されており、交通機関や宿泊施設などで観光客の受け入れを行える地域をいう。
引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%9C%B0



わが国に「観光庁」が設置されて10年。

以来順調に外国人観光客が増加しているものの、未だ彼らが来訪するのはやはり東京都を中心とした「メジャーな観光地」と言わざるを得ない。

とはいえ私のような田舎住みだと、地元民も知らないような閑古鳥が鳴いている「マイナーな観光地」があちこち見受けられる。

そこで私はそういった観光地を「行かん(観)光地」と命名し、自らその地に出向き、レビューすることでその地の素晴らしさを紹介することを企てた。

それを「行かん光地プロジェクト(IKP)」とする。

ブログはじめます

日々私的に興味を持った事柄を取り上げます。ジャンルは色々。

絵や漫画も描いてますのでたまにアップします。とりあえず1枚


hukugan.png

キャラの名前は『ふくがんくん』

プロフィール

多目五郎

Author:多目五郎
人生の為になることを日々模索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1257位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR